フォト

地域情報

  • まいてれ
    北近畿、若狭周辺の情報を、映像にてお届けします。
  • 生活刊・チャッタ
    舞鶴を中心に、生活に役立つ情報を新聞折込等でお届けしている「生活刊・チャッタ」のweb版です。色んなお店の動画CMもあります。

音楽情報

インターネットラジオMch

  • インターネットラジオMch
    私もパーソナリティしているインターネットラジオです
  • GEBOISM Web Site
    相方GEBOさんの音楽なページ。お友達になると、お宝映像(私も含めた)が観られます(笑)。
  • 歌色ホムペ
    ”Live Axel”のパーソナリティ、Rikaちゃんのページ。オリジナル曲の試聴もできます。

ベース

  • over the field
    海外の高品位なベースを紹介し取り扱っているover the field。役に立つブログも必見。
無料ブログはココログ

twitter

« 人は自分の思ったように動いてくれない 鶏と野菜の鉄板焼き | トップページ | クッションとビアグラス 鰤づくし エビチリ »

2012年3月 7日 (水)

ウッドベースのPU取り付け直し 蒲鉾のチーズ挟み焼き

先日のパーティ演奏の時、なぜかウッドベースの音が変になった。ローが無くなり、アタック音ばかりになってしまいまして、それで途中からエレキに持ち替えたのでありまして。

生音はそう変化が無いので、考えられるとしたら、PUの取り付けとアンプ。アンプはそうそう家でチェック出来ないので、PUの取り付けをチェックしてみました。

PUはごく低価格のコンタクトPUで、元々両面テープみたいなもので駒に貼り付けるものなのですが、私は両面テープを無しにして、ビニールテープ で上から貼り付けています。んで、この貼り付け圧の違いや貼り付け位置、駒とPUの間に何か挟むか、とかで、えらく音質が変わります。当たり前ですが。

で、多分この貼り付け圧が、運搬などで変わってしまったんじゃないかと思い、とりあえずテープを貼り直しまして。うーん、なんで現場で気づかなかったんだろう、これ。

音のチェックは明日のリハで、となるんですが、もうちょっと安定したPUシステムが欲しいなあ、と思うことしきりなのでした…。

F1010005
晩ご飯は、市販の餃子を焼いて。あと、もらった蒲鉾を、切れ目を入れてチーズを入れて焼きまして。それとほうれん草炒めの玉子とじ。若布の味噌汁。

蒲鉾、料理素材としても色々使える優れ物なんですが、いかんせん値段が…。なんか昔は「蒲鉾は魚の代用品」みたいな感覚で、値段も高くなかったような気がするんですが、今は魚の方が安かったりして。つまりこれは、人件費の割合が高くなった、ってことなんでしょうかね。

« 人は自分の思ったように動いてくれない 鶏と野菜の鉄板焼き | トップページ | クッションとビアグラス 鰤づくし エビチリ »

コメント

汎用のコンタクトピックアップを駒の両脚の真ん中に瞬間接着剤で固着させて、かれこれ10数年使っています。
最初は定番のフィッシュマンのBP-100を長らく使っていたのですが、
ちょっとした事で壊れてしまいまして、急ぎとお金がなかったのも在って窮余の策でしたが、
此があにはからんやかなりイケるではないですか。
当初は1センサー型を低弦側の駒脚の中間に、

より高低のバランスを企図して今はshadow社の汎用2センサー型を両脚に瞬間接着剤で固着させています。
どうやら、付属のパテや両面テープではちゃんとしたゲインとサウンドが充分ではないようで、軽量でしっかり機械的に固定(一体化)する為に瞬間接着剤と為りました。
(瞬間接着剤はある種の衝撃には弱いので取り外しも可能)

あるライブハウスのPAさん~はラインの音が美味しい帯域がてんこ盛りで来ているよ?と賛辞を頂きました。
弓も遠慮なく使えます。

実施には自己責任でお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウッドベースのPU取り付け直し 蒲鉾のチーズ挟み焼き:

« 人は自分の思ったように動いてくれない 鶏と野菜の鉄板焼き | トップページ | クッションとビアグラス 鰤づくし エビチリ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック