フォト

地域情報

  • まいてれ
    北近畿、若狭周辺の情報を、映像にてお届けします。
  • 生活刊・チャッタ
    舞鶴を中心に、生活に役立つ情報を新聞折込等でお届けしている「生活刊・チャッタ」のweb版です。色んなお店の動画CMもあります。

音楽情報

インターネットラジオMch

  • インターネットラジオMch
    私もパーソナリティしているインターネットラジオです
  • GEBOISM Web Site
    相方GEBOさんの音楽なページ。お友達になると、お宝映像(私も含めた)が観られます(笑)。
  • 歌色ホムペ
    ”Live Axel”のパーソナリティ、Rikaちゃんのページ。オリジナル曲の試聴もできます。

ベース

  • over the field
    海外の高品位なベースを紹介し取り扱っているover the field。役に立つブログも必見。
無料ブログはココログ

twitter

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

BassNinjaメンテナンス ピーマン肉詰め

BassNinjaこと今沢カゲロウ氏が、公演先で足を骨折して入院してしまった。

その後のTwitterでの報告によると、結構な重症の複雑骨折のようだ。本人は既に早期復活へ向けて進んでいるとの報告をされているので、私もTwitterからのお見舞いをさせて頂くのみにした。

それでも、ぎっちり詰まった公演の何本かを延期せざるをえないわけで、そのことに関しては、大変だろうなあ、と思うです。

私が北近畿公演でのお手伝いをさせていただくようになってから、もう10年以上になるんですが、年間200~250公演を一人で行いながらも、アクシデントによる数日の休演というのは記憶に無いし、本人の体調不良による休演もほとんど無かったはず。

これは考えてみたらすごいことで、日本中、更には海外に行って公演し、風邪でダウンもせず(熱があったりはしても、公演できるレベルにとどまって た)、インフルエンザにもならず、体を酷使してるのに痛めもせず(あの演奏をやり続けるためには、体のどこかが痛くて動きにくいとかでは出来ない)、その 他休養が必要なほどの不具合も起こしていない、ということですよ。この10数年。

もちろん、その分体調管理には特に気を配っておられたのですが、それにしても、あの空気環境の悪いライブハウスを回り続けて風邪引かない、ってのはすごいです。

だからこそ、今回の負傷は残念だろうなあ…と。まだ腕でなくてよかった、と思いますが、足技も多用するし、ライブ間の移動も多いので、足でも大変なのです。

とにもかくにも、1日も早く復活され、更にパワーアップしたパフォーマンスで楽しませていただけることを願っております。

晩ご飯は、ピーマン肉詰め。ピーマンがまだ大量にあったので、使ってみました。

中身はハンバーグ種。普段のハンバーグのようにジューシーにするために水分多めにすると、ピーマンに詰めて焼いたら縮んでしまってバラバラになるので、水分少なめの固めに作ります。

ピーマンは半分に切って種を取り、小麦粉を薄く振ってからハンバーグ種を詰めていきます。そしてフライパンで焼き焼き。

両面焼いて火が通ったら取り出し、そこへ赤ワインを入れ、ケチャップとウスターソース、デミグラスソースを入れてさっと煮てかけます。

F1010059
肉の脂でピーマンの苦味も和らぐので、たくさん食べられるんですな。

あと、野菜スープをつけまして。

2011年11月29日 (火)

モニタースピーカー壊れた 揚げずに唐揚げ

家でベース弾く時のために、とヤマハの小型パワードモニターMS-60Sを買ったのが、もう20年ほど前。

それ以来、練習用アンプに、小規模スピーチ用PAに、ステージでのキーボードアンプに、サブモニターに、と酷使してきたわけでございまして。

で、先日のセッションでアンプ替わりにと使っていたら、途中から「バリバリバリ」といい出しまして。

帰ってからフロントグリルを外してみたら、スピーカーコーンのエッジが破けておりました。そりゃ、ずいぶん酷使したしなあ。

幸い、このスピーカーの替えは今でも売っているので交換可能なんですが、スピーカーのエッジというのは個人でも修理が出来るものなので(したこと無いけど)、修理用のエッジが売っていないか探してみました。

…あった!…けど、スピーカーとほとんど値段が変わらん(笑)。

てなわけで、スピーカー交換するか、他にも不具合あるしいっそ違うのにするか、お悩み中。

ちなみに、この機種の後継機は…だそうなので、候補から外しました。

晩ご飯は、惣菜のカキフライと、「揚げずに唐揚げ」が出来る粉を使って作ってみた鶏唐揚げ、それとこないだ金剛院で買った、日野菜漬け。はい、ちょっと仕事に追われてご飯作りに時間が割けなくなってますです。

F1010060
揚 げずに出来る唐揚げ、たまたまもらったので使ってみまして。鶏肉に粉をまぶしてレンジでチン、で出来るとあるのですが、味的にはベビースターラーメンの様 な感じでした。胸肉で作ったので、結構パサパサ感があります。もも肉のほうがまだマシかな?というか、多分今後、鶏の唐揚げには使わないです(笑)。別の 使い道を探ります。なんかの下味とか。

2011年11月28日 (月)

写真自動受付 レトルトカレー

うちの店は、月曜日にデジタルプリントL版がお安いので、月曜日はデジカメや携帯で撮った写真をまとめてプリントするお客さんで忙しいのです。

んで、プリント受付は、タッチパネルによる操作でお客様に進めてもらうのですが、うちの店はお客さんの平均年齢が高く、なかなかうまく行かないこともあるのです。

舞鶴では、タッチパネルで操作といったら殆どATMしかないので、たしかに触ったことのない方もあろうとは思いますが…。「モニター上に映ってる絵を、ボタンとして認識する」という事自体に慣れてないとわかりにくいんですな。いわゆるバーチャルリアリティ(恥)。

んで、不慣れな方に、「まずは画面に触っていただいて、画面の指示通りに進めていただければ出来ますよ」とお伝えするのですが、大抵の場合、とにかくメモリーカードを挿入しようとされるのですね。なんでだろう。

多分、メモリーカードを入れて、とっととプリント受付済ませたい、という気持ちの表れなのでしょうが、物事には順番があってですね…。

あと、「遊園地の写真はプリントして、山の写真はいらないので…」とか言われることがあるんですが、残念ながら、うちの機械ではどれが遊園地の写真でどれが山の写真かは自動判別出来ないので、指定していただかなくてはならないのです。

というわけで、自動受付のはずなんですが、結構横につきっきりでいたりします。私が操作しちゃえば速いんですが、そうしたら今後ずっと操作することになるし…。なので、なるべく操作して頂くようにしているのです。

晩ご飯は、時間が無かったのでレトルトのカレーを。ドラッグユタカのポイントが貯まったから、ともらってきたもんであります。

F1010062
あっためてかけるだけなので、特になんという事もなく。味はまあまあいけますです。

サラダは、バルサミコベースのドレッシングに、ゆで玉子とチーズを乗せて。

2011年11月27日 (日)

身体能力と生命力 味噌ピリ辛鍋

ぐぎぎ…朝起きたら全身の筋肉に違和感を感じる。前日の撮影も手持ちでカメラ使ったからなー。バタバタしてて準備運動も忘れてたし。寒くなってくると、ますます準備運動しないといけないのに…。

普段意図的に運動をすることが無いと、本当に体を動かさないので、生物として大丈夫かいな、という気がしなくも無いです(笑)。

例えば、暴漢に襲われそうになって逃げる時(どんなシチュエーションやねん)、全力疾走をどれくらい出来るか、とか考えると、なんか怖いですな。 20秒持たないんじゃないだろうか。そりゃ緊急事態だったら普段よりパワーが出るでしょうが、心肺機能とかは頑張れても、腱やらの柔軟性は急にアップしな いわけで、前に進もうと思っても足がもつれて転倒しちまうでしょうなあ。

んで逃げられないから戦おうとして(だからどんなシチュエーションだとry)、攻撃力はあるのかとか。一応昔格闘技をしていたので、蹴り足は上 がったり、ちゃんとした拳で突くことは出来ますが、実際の戦闘はそんなことよりも、勝負馴れの方が重要だったりします。慣れてないと、攻撃を受けた痛みで 一気にパニックになって終わり、とか。

なんといいますか、こういうことにある程度対処できるのも「生命力」だと思ってますので、身体能力が鈍ると生命力が落ちたような気になります。んー、やっぱ運動もしたいなあ。来年は、週に1回くらいは息が切れるような運動をしたいなあ。

晩ご飯は、味噌ピリ辛鍋。プデチゲにあらず。味噌味の鍋に唐辛子を入れたものにしております。プデチゲはちょっとくどいので、間を開けるのであります。

出汁に味噌とみりんで味をつけ、野菜や肉や豆腐を煮て、唐辛子で味付け。ここに胡麻油を垂らすだけで、あっという間に韓国風になりますが、今回は敢えてしません。

F1010063
見た目が味噌の色一色で大変地味ですが、日常食なんで過度には飾らなくていいかと。

2011年11月26日 (土)

ふるる婚礼 エビマヨ カンパチアラ炊き みやしたのシュークリーム

婚礼撮影&音響の日。

今回は、ふるるファームでの婚礼だったのですが、数日前まで「マジこの季節に?」と思っていたのです。せっかく外が楽しい施設なのに、寒かったら残念だなあ、と。

でも実際現地に着いてみると、この時期とは思えない暖かさ。こりゃラッキーですなー。

なので予定通りテラスで人前式、ガーデンでフラワーシャワーを敢行したのでした。空も綺麗でよかったー。

披露宴では、各テーブルに2色のクッキー生地を配り、クッキーを作って貰ってコンテスト、というのをやっていました。20分とかからず焼けるので、なかなか楽しい企画だなあ、と。

ほぼ予定通りに終了。最後に、新郎の友人のバイク軍団がやってきて、オープンカーに2人を乗せて去る、というものだったのですが、私は三脚に1台、手持ちで1台カメラを使ってて、手持ちで一生懸命追っかけてまして。

んで撮影終わったら、コーディネーターのよっしーが、私の設置したカメラと三脚を抱えてくれてる。「倒れました…」と。

ひええーっ!

なんでも、自然と三脚の脚が1本縮んでいったんだそうな。ななな何でだ、ちゃんとロックしてるのに。

んで、改めて三脚を立て、ぐいっと押してみたら、ロックかけてるのに足が縮む。うひー、このせいか。

カメラの主要部分は無事でしたが、外部マイク取り付け用のパーツが破損…。ああああ、なんてこった。外部マイク使ってないけど。

そんなこんなで大変疲れたので、晩ご飯は魚介物で。

エビマヨを作ってみたり。マヨの残りを全部さらえて、塩胡椒、ケチャップ、投入少量を混ぜまして。エビは背わたをとってさっと洗い、塩胡椒とベーキングパウダーを少量振りまして、置いておきます。

エビの水分を切って、片栗粉をまぶして、多めの油で焼きます。ついでに人参やブロッコリーやカリフラワーも蒸しておきまして。

んで、これらをマヨソースで和えてあげます。

F1010065
どさぐさ紛れに野菜で増量してますので、エビが少なくても気になりません。

あと、カンパチのアラが投げ値で売ってたのでゲット。大根と炊きました。ちゃんと処理してあったので、湯通しして洗って炊いたら、生臭くもなく美味。

それと、惣菜のコロッケを。

F1010064
おやつに、みやしたのシュークリームとプリンを。頑張った自分へのご褒美です(笑)。

2011年11月25日 (金)

ペイザンヌ 金剛院の紅葉 普通鍋

さて休日。ではありますが、翌日の準備や12月のイベント打ち合わせやらが入る。気ぜわしいですなぁ。

昼に一旦帰宅し、ランチにお出かけ。洋食店「ペイザンヌ」の1コインランチがどんなものか、試してみました。

ここに来るのも何年ぶりか。相変わらずの店内で注文を待つ。

んでやってくる。ワンプレートになってます。

チキンチーズカツ、サラダ、あしらいのスパゲティ、ご飯、デザートがわりのヨーグルト。

F1010048
チキンカツの味は、洋食!といった感じでよろしいものでした。お腹がガンガン空いてる時には足りないかもしれませんが、普段にゆっくり食べるなら、まあいいかな、と思える量でした。

それから、紅葉の時期なので金剛院へ。

平日の、天気模様も怪しい中なので、人もさすがに少なく。

まずはぜんざいを頂きまして。おみくじ付きです。

引きましたら…末吉。まーえーか、あとひと月チョイだし。

火鉢にあたりながら待っていると、ぜんざいがやってくる。

F1010045
汁は、あんをあまり潰していないもの。甘さはしっかり。温まります。口直しの、胡瓜の粕漬けが嬉しい。

食べ終わり、交換するのを忘れてた身代わりお守りを交換し、野菜を売ってる所で白菜や日野菜漬けを買い、紅葉見学。ちょうど観光バスがやってきた所で、入れ違いになってよかった。

F1010051
F1010052
F1010054
雨に濡れた紅葉も、艶があってよろしおす。

金剛院を後にし、買い物して帰宅。

晩御飯は、鍋。つゆは醤油ベースで、具材は豚肉、厚揚げ、大根、人参、カリフラワー、エノキ、白菜、ほうれん草。普通すぎで、何鍋といっていいのやら。

F1010067
まあとにかく、野菜をたくさん食べる鍋ですね。出汁と肉の風味で、野菜に味付けする、みたいな。

F1010066
締めは、うどんを投入。鍋用のうどんというのを試してみました。確かに伸びにくい。

2011年11月24日 (木)

料理の酸性とアルカリ性 豆乳鍋

図書館で借りてきた本の中に「おいしさの科学 味を良くする科学」(旭屋出版)という本がありまして。

塩の種類別使い分けとか、砂糖の精製法の変化による味の変化とか、ちょっと専門的な内容もあって、プロにも役立つ話が書いてあるんですが、家庭でも使える話もたくさん書いてあります。

私が「へー!」と感心したのは、「一般に人間の味覚は酸性のものをおいしく感じ、アルカリ性のものをまずく感じる傾向がある」という話。

これは、「なんでもマヨネーズかけたらウマイよね」というような話ではなく(笑)、料理のphによって旨いかまずいかの感じ方が変わるという話。

味覚の感じ方としては、酸性は酸味として、アルカリ性は苦味として感じます。味覚と原点として、酸味は腐敗、苦味は毒を感じさせるものとして敬遠 する(動物の本能として)傾向があるそうですが、酸味は発酵しても生まれる味なので、どちらかと言えば、酸味の方を好むのでしょうね。

そーいや、「なんにでも酢をかける人」というのはいますが、「何にでも重曹をかける人」というのは見た事無いですな。

ラーメンやシチューなど、結構「酢」を隠し味に使うと良い、といわれることがありますが、これは全体のphを下げる効果があったのですね。酸味を感じるほど入れるわけでないのになんでかなあ、と思ってたのですが、疑問が氷解しました。

ちなみに、phが高い(アルカリ性に近い)と、ぼけた味に感じられるそうです。なるほどねえ。

晩御飯は、豆乳鍋。

出汁で火の通りにくい野菜から煮て、醤油、塩、味醂で味付け(あんまり色がつかない方がいいです)し、豆乳を入れ、塩胡椒で味を調整します。

F1010056
具材は、淡白なものがよく合いますが、あまり風味のきついものは合わない気がします。もったりした味になりますので、辛味の効かせ方が肝心。最初から味を決めるより、好みであとから七味を振ったりする方が、飽きが来ません。

F1010049
締めはご飯を入れて。

2011年11月23日 (水)

撮影データ納品その4 キムチ丼

世間的には祭日ですが、私はお仕事。朝から七五三撮影があったので、見守っておりました。

(前回の続き)
クライアントからまた電話。「ASF形式に変換したのはいいんですが、2GB以上のファイルは変換できないんです~」と。ええーっ、何時の時代のマシンをお使いで?まさかHDDがFAT16だとか。

まあとにかく、できないとおっしゃってるのは仕方ないので、こちらのWinマシン(こっちもたいがい古いんだが)にてASFに変換。んで、もうわ ざわざ来てもらうのも心苦しいので、ファイル転送サービスにて送らせて頂きます。御社のネット回線は光ですよね?と確認すると、「ADSLなんです…」 と。うわあああッ!

幸い、自宅には光が来てるそうなんで、自宅で受け取ってもらうことに。

…こんな時間と手間がかかるとは思わなんだ。しかし、そんな環境でよく映像編集とかしてるなあ、大変だろうなあ、と人事ながら心配になったのでした。(やっと終わり)

晩御飯は、キムチ丼。これもよく出てきますが、よく出るメニューが続くってことは、精神的に余裕が無いってことですな(笑)。

いつもどおり、豚肉もキムチもきっちり炒めます。きっちり炒める、ということは、程良い焼き目をつける、もしくは香りを出す、ということなので、 必要以上に火が入り過ぎないようにします。つまり、あんまりフライパンの中で混ぜくり返さずに、ざっくりと両面焼くような感じでOKです。

F1010057
今回は、目玉焼きを乗っけてみました。辛味をマイルドにします。

2011年11月22日 (火)

撮影データ納品その3 麻婆豆腐

(前回のあらすじ)
「綾部小学校で映像撮影したのだが、納品データに苦戦。納品したDV形式のファイルが読めない、とのことだったので、Oxelonというソフトで、mpeg2に書きだしてもらうことにしたのだが…。」

クライアント先で最終的にDVDを作成する、との事だったので、DV形式がダメならmpeg2がいいかな、と思ってお勧めしたのですが、しばらくしてクライアント先から「なぜか音が出ないんです…」との電話が。あちゃー。

mpeg2というのは厄介なコーデックで(まあ、どのコーデックも大抵厄介な気がするが)、よくこのようなことが発生したりするのです。

うーん困ったなあ、どうするか…、と思ってたら、先方から「なんか、ASFという形式にしてみたら読めました。これでやってみます」と。

あーよかった、自己解決してもらった。

…と思っていたのだが…(続く)…ってまだ続くんかい(笑)。

晩御飯は、麻婆豆腐。これもよく出てくるメニューですが、味はコロコロ変えてます。今回は甘めのバージョンで。

にんにく、生姜をごま油で炒め、そこへ豚ひき肉を入れ炒め、玉葱、人参も入れます。

豆板醤を入れ炒め、味醂を少し入れ、お湯を入れ、鶏スープの素、味噌を入れ、豆腐を入れて煮まして。

E
辛味もありますが、野菜の甘味と味醂で、甘辛な仕上がりになってます。寒い時向けかな。

2011年11月21日 (月)

お金と生きがい プデチゲ

朝、新聞の人生相談を読む。

「40代会社員女性。20代に読んだ雑誌に『今何をしたらいいか分からない人は、とりあえずお金を貯めましょう』とあったので貯金してたら数千万円になりました。でも私には何の才能もなく平凡です。これからどう生きればいいでしょうか?」

うーむ、普通に働いて数千万貯金できるってのは、もはや才能の一種だと思うんですが(笑)。

私は、環境さえ許せばしたい事だらけの人間なので、「何か趣味でも始めようか」という感覚が全く分からないのです。

したいことの有る無しってのは、「情報を得たいと思っているか」というのがあります。知的好奇心、ちゅうやつですか。

私は、なんか小さい頃から情報を得るのが大好きだったようで、やたら本を読んでいたようです。一つの情報を得ると、更にその先その先、と情報を得たくなり、結果「自分でやってみたい」となる…という結果が今の自分のような。

その他にも、突き上げられるような表現欲求にかられて何かを始める、という人もいるでしょう。アーティストさんですね。それとか、「なんか体を動かしたい!」という欲求からとか。スポーツマンさんですね。

まーとにかく「なんかオモロイことないかなー」と部屋に座っていたんでは、なーんにも起こんないですよ、ってことですね。数千万あって、自分を変えてみたいのなら、いっそ海外でボランティアしてみるとかはどうなのかなあ。人生観変わりそうだけど。

晩ご飯は、プデチゲ。さっさと出来るので、楽なのであります。

鍋に出汁を入れて、野菜、豚肉、魚肉ソーセージ、キムチを入れて、ラーメンとチーズを入れるだけなのですが、出汁にインスタントラーメン付属の粉 末スープを入れすぎると、大量のグルタミン酸で気持ち悪くなるので(私は)、量は控えめにして、塩、醤油、味噌などで味付けします

Photo

野菜以外の材料に塩分が含まれているので、出しの塩味は控えめな方が最後まで食べられますです。

2011年11月20日 (日)

撮影データ納品その2 オンガクノタネ収録生演奏 ジャズセッション

(前回の続き)学年ごとに分割したら、各映像は15分程度になり、ファイルの大きさも2~3GB程度に収まった。DVDに書きこみ。

いろいろ工夫しても、1枚に2ファイル入ったのは2枚、あとは1ファイル1枚になりました。まあ昨今のDVDメディアの安さを考えたら、いいかなー、という程度。

んで、このDVDをクライアントが取りに来られて、自社のパソコンに読み込ま…せられなかったそうで。Win機で、編集ソフトはPremiere と聞いていたので、movでも問題無く読むはずだけど…。中身はDVフォーマットだから読めて当然。こっちにあるWin機でも再生できてたし…と思ったの が甘かった。

PremiereはPremiereでも、CSではなく6.5だそうで。ひゃー。で、私も勘違いしてたのですが、こちらのWinで再生できたの は、なんでも再生しますのGOM Playerをインストールしていたからで、試しにムービーメーカーに放り込んでみたら、認識しない。うわ面倒くさい。

なら、拡張子を.dvに変えたらどうだ。DVフォーマットはWinXPで対応してるはず…。これもダメ。

色々調べて分かったのですが、DVフォーマットでも微妙な違いがあって、Macから書きだしたDVでは、音声を再生しなかったりするそうで。何でだー!DVは音声PCMで非圧縮じゃないのかい!

まあ、んなこといっても始まらないので、どうするか考える。mpeg2に書きだしてもいいんですが、書きだしても、また取りに来てもらうか持っていくかしないといけないし…。

ということで、フリーの変換ソフトを紹介して、現地で変換してもらうことにしました。ソフトはOxelonというもの。これで、mpeg2に書きだしてもらいましょー。

で、変換をお願いしたのですが…(続く)

昼間で仕事し、午後からGEBOさんのスタジオへ。「オンガクノタネ」を収録しようと思いまして。で、せっかくスタジオなので、生演奏をやろうかなと。

JF氏は腰痛でダウン。スタジオにドラムもあることなので、しんすけさんにゲスト入りしてもらい、収録。

まずは、マイキングの変更が面倒なので、演奏を先に録ることに。私はエレベで、GEBOさんはアコギでの演奏です。最初にスタンダードで「I Love You」を。次に、こないだやった唱歌の「もみじ」を、ファンクバージョンで。

私は、マルチに入れてからミキサーに繋ぎ、音はスタジオのモニターで聴いてたのですが、ベースが大変いい音に聞こえる。ううむ、3年も弦変えてないとは思えないな(笑)。

私のベースは再生環境を選ぶようで、フラットでクリアーな再生環境だと、大変良く聴こえるんですが、いわゆる普通のベースアンプなどだと、「なんじゃこりゃ」になりがちです。多分、原音のレンジの広さなどが関係してるんでしょう。

収録終えた所で電話が入る。熊さんから「風邪でダウンして、今日のセッションは行けない」とのこと。ありゃま。

一旦帰宅し、一休みし、準備してセッションへ。アンプも持って行かないといけないのですが、試しにヤマハのMS-60Sでやってみることに。これで行けるならだいぶ楽だ。

フォト
んでセッション。今回もプレイヤーが何人も来てくれました。熊さんいないけどウッドが3本転がってたり。

んでアンプなんですが、ちょっと音作りの自由度はないものの、音量的にはまあ行けそう。

…と思ってたら、なんか音量上げるとビリビリ音がしだす。ありゃ、どうした?

回路の問題かスピーカーの問題かとっさに分からなかったんですが、とりあえずボリュームを絞って、その分おもいっきり弾いて生音を上げるという強引な手段に出ました(笑)。

しかし、今回も初めて演る曲が1/3くらいあった…。スタンダードはまだまだ奥深いなあ。

2011年11月19日 (土)

撮影データ納品その1 ミニお好み焼き

前日撮影した小学校映像は、編集は無しで映像データだけ納品。というわけで、まずはMacにキャプチャ。今回はDV形式で撮ったとはいえ、テープ1本で 10GB近くある。4本撮ったんで、40GB近く。納入先は綾部。外付けHDDに入れて納品に行くには微妙な距離。私は店を離れられないし。先方は取りに 来てくれる、ということだったんですが、外付けHDDだとまた返してもらわなくちゃいけない。

写真撮影用の32GBコンパクトフラッシュが会社に幾つかあるので、それに入れてメール便で送るか(ガソリン代より安いし)、とも思ったんです が、結局、学年ごとに分割して、DV形式のMOVで書き出すことに。これでDVDに収まるサイズになるので、そのまま納入しても戻す必要がない。取りに来 てもらって一安心…とはならなかったのであった。(続く)

晩ご飯は、お好み焼き。半月に一回の定番です。

F1010043
今回は小さく焼きまして、具を色々と。豚肉、魚肉ハンバーグ、シーフードミックス、大根葉の塩もみ(笑)。

F1010042
エノキやしめじや巨大なめこを乗せて焼いてみました。醤油ダレでためますとなかなかよろし。

2011年11月18日 (金)

小学校発表会撮影 おでん

さて休日…ではなく、朝から綾部へ。小学校の発表会撮影なのでした。学校の公式撮影です。

体育館に入り、カメラをセッティング。固定で2階の調整室から1台、三脚で1階から1台。基本的に、出演生徒を平均に撮影するよう指定がありました。1人に寄ったりしないほうがいいんだそうで。昨今の事情ですな。

今回は、全学年が順番にステージ発表するもので、歌だったり歌劇だったり演奏だったり言葉遊びだったり。親御さんも見に来られてます。

まずは、学校側から学校の活動の様子をスライド(パワポ)で紹介。なんか、ジャズの生演奏を聴く、なんて活動もあったそうで。舞鶴でもやってくんないかな。

それから、順番に発表。今の学校はキーボードとかも置いてあるんですなー。

全撮影が終わる頃、なにやら良い匂いが…。給食の匂いでした。良いもんですなあ。私らの頃は、給食の匂いといっても、なにやら変な匂いが多く、良くない材料を過度に火を通していたんだなあ、と今更ながらにして思うです。そら好き嫌いも出るわなあ。

昼過ぎに会社へ戻り、帰宅。ぐってり。

晩御飯は、おでん。やっと作れました。

今回は、鰹と昆布出汁で。大根は下茹でして、出汁に二輪、醤油、塩で味付けした中へ入れて煮ます。じゃがいもは、55度くらいの煮汁の中でしばらく置いてから煮ると、煮崩れしにくいそうで。人参も入れてます。

練り物は、平天、ごぼ天、竹輪。練り物がお金かかっちゃうんですが、出汁が出るし、何より好きなもんで。竹輪以外は、茹でて油抜きをします。

豆腐は、煮汁を小鍋に取り、その中で静かに煮ます。好みで絹ごしを。

玉子は半熟にし、醤油、味醂、煮汁を入れたビニール袋の中へ入れておきまして。

F1010029
土鍋にこれらの具を全部入れ、食べます。辛子と晒し葱を添えまして。

F1010028
やっぱりおでんはよろしいです。酒とのコンビネーションが…。

F1010027
玉子も半熟~。

2011年11月17日 (木)

マイペース 豚軟骨と野菜の煮物

婚礼映像1本仕上がる。店頭業務や飛び込み映像仕事や撮影やらと、なかなか集中して作業ができない環境なのでありますが、考えてみたら、同じ作業をずっと集中してやる持続力に欠けるなあ、と自分で思っていたんだから、もしかしたら良いことなのかもしれないな。

ただ、もちろん限られた時間に他の用件が入るわけで、その分気が焦ることは必至。段取りが上手く行った時の爽快感はたまらないですが、もし崩壊したら…という焦燥感も大いにあるわけで。

…うーん、やっぱりアドレナリン・ジャンキーなのか?私。いい加減「マイペース」「悠々自適」「出来ることからコツコツと」を実践しないと、頭か胃が先にへばってしまいそうだな。

F1010031
晩ご飯は、ツナと野菜炒め、市販のシュウマイ、豚軟骨と野菜の煮物。

野菜炒めは、ツナの油で炒めまして。最後に卵も混ぜまして。塩胡椒のシンプルな味付けが合うと思うです。

煮物は、以前炊いた豚軟骨の一部をとっておいたものを使って。昆布出汁で豚軟骨と野菜を煮ます。豚軟骨は炊いてあるので、しばらく炊くと結構柔らかくなります。出汁も出ますし。

2011年11月16日 (水)

映像の水平 大根鍋 ショーコラ

映像を撮影して、後で編集している時に気になるのが、水平。カメラがちゃんと水平になって映しているかですね。

三脚なら問題ないんですが、手持ちだと撮影に夢中になるあまり水平が出てなかったり。移動直後など、なかなか難しいのであります。

んで、写真なんかだと、水平を出すのもあれば、敢えて斜めにする場合もある。でも映像では、水平が出てないと違和感を感じるんですよねー。不思議。わざと水平を出さない場合も、よっぽどそこに意図がないと、ただの不安定な映像になっちゃいます。

たぶん、その情景を一瞬切り取る写真は、それ1枚が完結したものだから、構図が斜めでも、すぐに脳が慣れるんじゃないかな。映像は、その斜めの状 態が暫く続くわけで、脳が勘違いして三半規管からの信号と合わないもんだから混乱しちゃって、不安定に感じるのではないか、と。誰か詳しい人の情報求む。

で、普段スチールやってる人にビデオカメラ回してもらうと、結構この「斜め構図」を使っちゃうんですよねー。後の編集が大変だったり(泣)。

というわけで、ご家庭でビデオカメラ回すときでも、水平は気をつけた方がいいです。特に今の画面は横長ですし。

晩ご飯は大根鍋。当初は雪鍋にしようと思ったんですが、雪鍋って、大根おろしを大量に使う割には、汁に溶け込んじゃって存在感が出ないんですよね。まあ鍋いっぱいの大根おろしにすりゃ別ですが…。

というわけで、大根を千六本にして大量に。人参、エリンギ、白菜の芯も同じように。葱は斜め切り。で、昆布と水を入れた鍋を火にかけ、野菜を投入。

火が通ってきたら、白菜の葉、売っていたでっかいなめこを入れ、豚肉も入れて。

んでこれを、ポン酢しょうゆで食べます。

F1010033
大根が大量なので、風邪予防にもよろしいかと。豚肉の脂とポン酢、大根がよく合うのです。

F1010032
締めは、やはりうどんで。

おやつに、楽天ポイントが貯まっていたので、送料無料だからと買った「ショーコラ」なるお菓子を。

F1010034
ううむ、チョコレートがむちゃ濃厚。クッキー生地も負けていないので、バランスよく仕上がってます。大変旨し。

2011年11月15日 (火)

智恵蔵ギャラリー 某会ローション相撲撮影

朝から集金と納品で市政記念館へ。ついでに、先日行われた「赤れんがを撮影しよう!」の展示も見てくる。

F1010025
智恵蔵の廊下スペースを使い、こじんまりとしたギャラリーが出来てきた。今後、この場所を格安出るよう出来るギャラリーとして解放する予定だそうな。

それから店に行き、仕事しつつ今晩の準備。夜に、某会の卒業例会があり、そこでのアトラクション撮影と、2次会で流す映像制作を依頼されてまして。映像は、当日写真を最後に使うので、仕上げは現地で行わなければいけないのです。

夕方、時間になり閉店し、会場の某ホテルへ。アトラクション会場を確かめ、作業部屋を確保してもらい、卒業例会が進行するのを待つ。

集合写真を撮影する、うちの社長とナナちゃんもやってきて、買ってきてくれた夕食を食べる。

例会の半ばあたりで写真データを貰いに行き、取り込んで映像の仕上げ。

と、もうアトラクションの時間。アトラクションというのは、会員によるローション相撲なのでした(笑)。

だいたい皆様私の年齢の上下10歳くらい。社長さん率も高いです。知り合いも結構いるのであります。その中の選抜メンバーがローションかぶって相撲をするという。

会員には女性もおられますが、参加者はもちろん男性ばかり。なかなかの阿鼻叫喚…いやいや楽しいイベントでした。さすがに写真を出すわけには行きませんが、誰か流出させてないのかな?

アトラクション終わり、集合写真。一部の人はヌルヌルのまま(笑)。

カメラを引き上げ、DVD焼き。ここでちょっと冷や汗かきましたが、なんとか完成。2次会の会場へ届け、機材を片付け、撤収。22時半くらいまでになりました~。

2011年11月14日 (月)

暖房の季節 トマト鍋

さてさて遠慮なしに寒くなってくる今日この頃なんですが、そろそろ部屋を温める暖房がいるかなと。

んで、居間にはエアコンが無いので、ストーブを愛用しておるのであります。着火用のニクロム線が切れてて、チャッカマン点火なのですが、上に鍋かけたり、餅やおつまみを焼けるので、やっぱりストーブがいいなあ、と思うのであります。

一応ファンヒーターもあるのですが、お客様用ということでとってあります。

んでも、ストーブもただでは働いてくれないので、燃料を補給しなくちゃいけない。灯油なんですが、これが結構かかるんですよねー。買いに行かなくちゃいけないし。

ほんとは、火鉢とか囲炉裏とかがあったらなあ、と思うわけなんですが、なかなかそのような日本家屋に住むわけにも行かず…。

以前一人暮らしをしていた頃は、部屋の中で炭を熾して焼肉したこともありましたが(笑)、さすがにそんな無茶はできないのであります。

今はどこも殆どエアコンがあるでしょうが、餅焼くときはどうするんでしょうか?やっぱり餅は焼きながら食べたいですけどねー。

晩ご飯は、トマト鍋。トマトピューレの缶詰を開けちゃってるのがあるので。

にんにくみじん切りとオリーブオイルを鍋に入れて火にかけ、香りが出た所で赤ワインを入れ、お湯を入れ、蕪、玉葱、人参を入れまして。ローリエ、コンソメの素も入れまして

トマトピューレ、塩胡椒を入れ、キャベツ、しめじ、豚肉、ウインナーも入れます。

火が通ったら、茹でたパスタとチーズも入れ、もやしを入れて出来上がりと。

<photo src="v2:1415976096">
パスタが入ってるから、締めもナシで。パスタは固めに茹でて、半分ずつ入れるのがいいかな。

2011年11月13日 (日)

あやべB級グルメフェスタ ツナおろし丼

さて店休なのでお休みにしまして、綾部のB級グルメフェスタへ行ってみる。

あやべ産業祭りと同時開催ということで、西町商店街はもうすでに結構な人出。

F1010022
商店街を抜け、会場の市役所方面に。うーむ、人多いなー。

F1010021
昼前だったのもありまして、そう広くない会場は人でごった返していました。

とりあえずなんか食べようと、上林地鶏炙り丼の列に並ぶ。

で、やっと順番が回ってきたと思ったら、私らの2人前で「すみませーん、ご飯が切れてしまいまして、あと10分ほどお待ちくださーい」と。ひいい。

仕方なく待ってる間、横の京水菜のポタージュスープをゲット。列が無かったので。

F1010020
ゆらりさんの出店ということで、上品かつコクがある。美味しい。

で、やっとご飯が炊きあがり、丼にありつく。

F1010012
美味しいけど、ちょっと肉の量が少なめかなー。

F1010011
次に、あやべいなりずし、というのを。栗も入ってます。

F1010010
横のあやべ茶々だんごも。その場でだんご粉を捏ねて作ってました。食感が良いです。

まだ食べ足りないので、行列が無かった和風しかデミグラス丼、というのを買おうと思ったら、ご飯炊き待ちなんだそーで。なーんだ。

F1010009
その横の、吉亥家の牡丹丼を食べる。火の入り過ぎてない猪肉が柔らかく、美味。

F1010008
次に、かしわの甘露焼。これも、目の前で焼けた分がなくなり、しばし待ってました。上林鶏をタレに漬け込んだのと、里芋や長葱を焼いたもの。里芋がなかなかいいマッチング。

F1010007
和風しかデミグラス丼が出来たようなので食べる。こうやって獣害の獲物を食肉にする、というのはいいことですな。何のクセもなくいただけます。

各店でアンケート用紙を配っていて、それに感想を書くと、福引が出来る仕組み。チャレンジしましたが、オールハズレ。ま、運は年末ジャンボのために置いておきましょー。

ちなみに、厚木シロコロホルモンも出店してましたが、鬼のような行列のためパス。

産業フェアの方まで戻ってきて、甘ものが食べたくなったので、パン屋のブールが出店していた所でパイを買う。

F1010019
お買い物する前に座って食べてみたり。

それから、晩ご飯の買い物し、帰宅。

晩御飯は、昼間色々食べたから、ツナおろし丼で。といっても、昼間は野菜不足だったので、野菜を追加しました。

大根おろしを作り、軽く絞っておきまして。汁はあんまり辛くなければ取っておきます。

鍋に味醂と醤油、大根の汁を入れてひと煮立ち。一旦沸かすのは、生の大根ばかりだと、ちょっと胃にキツイため。鰹節をちょいと入れます。これがタレ。

丼ご飯に大根おろしを乗せ、その上にツナのマヨ和えを乗せ、さっと茹でたカリフラワー、塩もみした大根葉を散らし、タレをかけ、ひねり胡麻を。

胡麻は、使うたびに煎ってます。1分かからないし、圧倒的に香りがいいので、ぜひ使う前に煎りましょう。私は100均のミニフライパンで煎ってます。

F1010018
全体があまり水っぽくなってもいけないので、大根おろしの絞り量、タレの濃度を好みに調整しましょう。ツナも、あんまり安いと味が無いのがありますので、選んでね。

あと、市販の餃子を。

2011年11月12日 (土)

網野町行き いととめの惣菜 祝蔵舞

朝から所用で網野町まで。

安全のために早めに出発したので、予定より早めに到着。

観光客相手のお店を覗いてみる。お客さんが一杯。そーだ、カニ解禁したばっかりなんだ。

F1010024
道にはこんな巨大なカニがうろついている。

F1010017
箱に入った高価なブランドガニを眺める。お高いすなー。足一本でうちの1日の食費以上だ。

丁度、コーヒーの無料サービスをしていたので、ありがたくいただく。足湯もあったんですが、まだ湯が張ってなかったです。

F1010016
時間になったので目的地に行き、用事を済ませる。お昼はお弁当を出してもらう。なかなか豪華。

夕方、帰路に着く。疲れた…。

途中、いととめに寄り、夕食を仕入れる。作る元気がなくなったのであります。ここに来るといつもなに買うか迷う。

F1010014
帰宅して晩ご飯。結局白身フライと、さつまいものサラダを買いました。キャベツは刻みましたよ。白身フライ大好き。醤油でいただくのもよろしいもんでございます。生醤油が衣に染みると塩分が濃いので、ちょっと出汁で割ったほうが具合いいですね。

F1010015
あと、入口前で売っていた焼き鳥の匂いにつられて買ってしまいまして。

F1010023
ついでにお酒も買ってしまいました。弥栄酒造の「祝蔵舞」。日本酒恋しい季節なので。

2011年11月11日 (金)

豚肉と野菜のクリームパスタ ミスド もんじゃ焼き

さて休日。

午前中は図書館へ本を返しに行ってまた借りてきたり、細かい用事を色々。

昼に帰宅してご飯。豚肉と野菜のクリームパスタ。

小麦粉を油で炒めて、スキムミルクで伸ばして、塩胡椒、ローリエ、ナツメグを入れて軽く煮ておきまして。豚肉には塩胡椒し、フライパンできっちり 炒めておきます。安い肉の脂は、中途半端に煮ると臭みが出て、しかもホワイトソース系だと肉の臭みが余計立つので、きっちり火を通す方がいいです。

肉を取り出し、野菜も軽く炒めて、白ワインを入れ、ホワイトソースを入れ、肉も戻します。これを、茹でたフィットチーネに絡めまして。

E_2
ランチは簡単、お安く食べたいものを食べる、というコンセプトなので、このくらい手軽でよろしいのでした。

E
しばしゴロついてから、買い物に。ついでにミスドでお茶。モスドで出してる新作ドーナツを。

晩御飯は、もんじゃ焼き。今日の「キューピー3分クッキング」でやってたのを見て、食べたくなりまして。

今回は、やきそば、餅、魚肉ソーセージ、チーズなんかを混ぜまして。

最初に焼きそばををホットプレートで焼きます。あまり混ぜずに、パリッとなるように。そこへキャベツを投入。いつもよりざっくり目に切ってます。

全体を炒めたら、ドーナツ状にして、中へもんじゃ生地を投入。ジャブジャブ。

1
全体を混ぜて、トッピングを乗せまして、焼けたところから食べていきます。

Photo
パリパリ。こーしてちみちみ食べるのが好きだったりします。ビールのお供にもなりますし。

2011年11月10日 (木)

Google+ 蒸し鍋

なんやGoogle+というSNSサービスがありまして、mixiもtwitterもFacebookもあるのに、これ以上人と繋がってどーすんねん、と は思いましたが、公私ともに告知宣伝の機会が多い私としましては、一応理解しておかねば、と入ってみたんですね。自分もGoogleサービス使いまくって るし。

で、JF氏を発見したので早速友だちに。で、画面右には「友だち候補」として何人かの名前が。

「へー、もうみんなやってるんだなあ」と、「サークルに追加」ボタンをひょいひょい押していまして。

と、そのうちinfoのアドレスとか、しまいにはmixi事務局のアドレスとか出てくる。そこで、「ああっ、この友だち候補ってのは、Gmailの受信履歴から拾ってきてるんだ!」と気づき、慌てて中止。アブねえアブねえ。

サークルに追加したら、なんかお知らせメールが行くのかなあ。今のところ苦情は来てないからわかんないんですが…。

というわけで、今ちょっと落ち着かないので操作は停止。落ち着いてからよく調べて使い出すことにします。もうやってる人、見つけたら友だちに入れて下さい(笑)。

晩ご飯は、蒸し鍋。

土鍋に蒸しかごを置きまして、水を入れ沸かしまして。そこへ野菜を色々と。今回は、大根、人参、玉葱、さつまいも、隠元、しめじ、エノキ、カリフラワー、葱などを。火の通りにくいものから入れます。

最後の方で豚バラ肉、ウインナーを入れまして。ポン酢しょうゆで食べます。

F1010006
いやもう野菜がグイグイ食べられます。タジン鍋、というものが流行りましたが、別に土鍋でもいいじゃん、という。鍋が一個増えるのもねえ。

あと、スーパーで売ってた「金のとりから」なるものを試してみる。

F1010005
ふーん、鶏むね肉に、味のある粉を付けてあげてあるのね。食べやすいものですな。なんか、テレビとかで取り上げられてたそーで。

2011年11月 9日 (水)

Mac内掃除 豚タン塩焼き

前日にそこそこ飲んだにもかかわらず、朝、割と普通に起きる。

んで出社。先日からeS-ATAの外付けHDDの調子が悪く、仕事にならないので原因を確かめることにする。

とりあえず、Mac Proの蓋を開け、外付けにしていたHDDを内蔵してみる。…ちゃんと認識するな。ってことは、外付け用のユニットか、eS-ATAのケーブルか、増設したS-ATAボードかどれかだな、問題は。

で、Mac内部を見ると、結構ホコリが溜まっている。普段開けないからなあ。もしかして、ホコリのせいで調子悪いのかもしれない。

というわけで、朝からMacを解体して掃除機で慎重にホコリ取り。ううむ、朝から何やってんだ私は。

んで掃除終わって組み上げる。内蔵HDDは問題無し。eS-ATAは…やっぱり認識しなーい!なんじゃそらー!

まあ、当座の作業は間に合うので、ゆっくり原因を考えることにする。実は内蔵したHDDを、500GBから2TBあたりに全交換するだけで、相当 楽になるんですけどねー。こんな時に限ってHDDの値段が、タイの洪水のせいで3倍くらいになっちゃうし…。価格見てひっくり返りましたよ。

晩ご飯は、豚タン塩焼き、厚揚げの野菜あんかけ、鮭あら焼き。

豚タン、珍しくスーパーに売ってまして。関西ではあまり見かけないのです。私も食べた事無いのですが、試しに買ってみまして。

とりあえず、フライパンで焼いたのと、お湯に数秒つけたのを食べてみまして、今回はフライパンで焼くことに。

塩胡椒をしてフライパンで焼き、途中で刻み葱を入れてみました。

F1010014
タンらしい癖は少しあるものの、普通に美味しく食べられました。安くていいですな。

2011年11月 8日 (火)

鳥眼庵日記のこと ご苦労さん会

鳥眼庵の日記は、2005年10月からmixi上で続いておりまして、ココログ上では2006年2月からほぼ同じ内容をお伝えしております。

実はこれより前に2つほど食日記を書いていたのですが、ちょっとネット上を探してみるも、もう分からない。そもそも、どこのブログで書いていたかも忘れた(笑)。

まあ内容は、食事のこと中心に、その日の出来事を書いてたくらいなんですけどね。最初期は、食事だけだったかな。その日の出来事以外のことも書くようになったのは、今の日記になってからだったと思います。

日記の内容については、一応自分の中で色々決め事を設けたりしてあります。

・レシピに細かい分量が書かない(自分の適量を発見するのが重要だと思ってるから)
・政治・宗教・思想ネタは書かない(私個人に先入観を持たれるのが嫌なので。私自身はどこにも属さない人なんですが、この手のウォッチングは好きなので、色々知ってはいます)
・「です・ます」と「だ・である」を意図的に混ぜる(以前はかたくなに統一してましたが、文の流れを重要視するようになったため)
・「〇〇みたいな顔が好き(嫌い)」のようなことは書かない(不快に思う人もいると思うから。実は色々好き嫌いポイントがあって、以前そのネタを書いたこともありますが)
・負のオーラが出るような日記は書かない(腹立つことがあっても、公開日記に書いてもしゃーないです。たまに怒ってるような記述があるときも、も う自分の中ではネタ化しています。社会的に理不尽だ、と思うような事件なんかについてはほんとに怒りながら書いてる場合もあります。)

たぶん他にも色々あると思いますが、まあなんとなくこんなことを思いながら、今の日記は出来ています。

…誤字脱字が多いのは勘弁してね。パソコン触りだして30年以上経ちますが、未だにブラインドタッチが出来ないの(笑)。

夜は、会社のプロジェクトチームでご苦労さん会。

西舞鶴で、ということで、マナイ通り内の某居酒屋さんに初めて行ってみたのですが、最初から最後までお客さんが我々だけだったので、なんか微妙な空気でした(笑)。まあ、忘年会前シーズンの平日ですからねえ…。

んで、歩いてすぐのお店で続き。久しぶりの外飲みなのでした。

2011年11月 7日 (月)

ジャズ理論 親子丼的なもの

(5日の日記の続き)
で、現在ジャズを人前で弾いたりしているんですが、ジャズといえば「ジャズ理論」てなものがあってそれを理解してないと演奏できない…と思ってる人も多いようで。

もちろんそんなことはなくて、昔から理論のりの字も知らず、耳と感性で演奏している人も多数いるわけです(最近は殆どいないでしょうが…)。

私はといえば、理論を習ったことはなく、本を見てお勉強したくらいで、あんまり脳には入ってません。

…てか、「ジャズ理論」ってなんだ?

ちょっとググってみると、バークリーで教えていた、いわゆる「バークリー・メソッド」の事を指す場合が多いようですね、日本では。ナベサダさんが日本に持ち帰ったというアレ。

アヴェイラブル・ノート・スケールとか、セコンダリー・ドミナントとかそーゆーものですね。

で、昔はそれが「ジャズ理論」と呼ばれていたんですが、私が本読みだした頃、90年前後には、もういろんなジャンルでそのような理論でできた曲が あったし(「理論でできた曲」というのは変だな。理論から曲作るわけではないし。「理論を把握して作られた曲」かな?)、私も「ポピュラー・ミュージック の音楽理論」として理解してました。

例えば「ブルース理論」というものを規定するとしたら、「コード進行はいわゆるブルース進行を基本とし、使用するスケールはブルーノートスケールを主に使う」という、至ってシンプルな説明で成り立ちます。これでもうブルース的なニュアンスが出ちゃうので。

では「ジャズ理論」とは?コードを代理コードに置換したり、ドミナントの時に使えるスケールを色々想定したりしても、それでジャズっぽくなるかというと…ブルースの時の「ブルース理論」ほどではないですよね。

ジャズらしさは、どちらかと言うとリズム、そして「ジャズ的フレーズ」が主なのかなあ、と。「ジャズ的フレーズ」は、いわゆる「ジャズ理論」に沿ってますが、「ジャズ理論」を使えば「ジャズ的フレーズ」になるわけではない、と。

クラシック理論もそんな感じですよね(多分)。クラシック理論を理解しても、それを使ったら自動的にクラシックな曲になるわけではない。クラシックの場合は、演奏フォーマットとかの方が重要だったり。

さて、ジャズを弾けるようになるのに、「とりあえずジャズフレーズをたくさん覚えろ。その方が理論勉強より早い」という話があるのですが、私はと言うと…全然覚えてない(笑)。まー、だからいつまでもジャズっぽさが出ないんだ、という気はしています。

でも、言い訳のように聞こえますが、ジャズっぽいフレーズをたくさん覚えて、ジャズっぽく弾けるようになって…ということが自分の本当にやりたいことかというと…なんか違うような気がしていまして。

ジャズは好きですし、ジャズのフォーマットで演奏するのも好きですが、それはジャズっぽい演奏をしたいためではなくて、あくまで自分の演奏をしたいから、なんですね。

実際は「ジャズっぽさ」も好きですし、営業なんかでは「ジャズっぽく弾く」ことが大事だったりはするわけなんですけどね(笑)。

まあそういうわけで、これからも変なフレーズを弾くことが多々あるかと思いますが、平にご容赦を…。

晩ご飯は、親子丼的なもの。

前日の鍋に鶏団子を入れていたんですが、実は多めだったので、幾つかは火が通ってから引き上げて冷蔵庫に入れていたのでした。

その鶏団子を使って親子丼にしまして。どうせなので、人参入れてみたり豆腐入れてみたりと、親子どころか赤の他人まで大量に入るというものに(笑)。

F1010015
まあでも、栄養バランス的にはよろしいな。見た感じはごちゃついてますが。

あと、市販のシュウマイを焼いて。

2011年11月 6日 (日)

店休日の作業 鶏団子味噌鍋

さて七条店はお休みですが、私は出勤して作業。お客さんが来ないので、作業に集中できます。

で、11時からは七五三の撮影をやるとのこと。なのでカメラマンとか10時半くらいに来るだろうから、それまで作業を…とやっていたら、10時前にドアががたがたと。

「?」と思って出ていくと、明らかに七五三のお客さんが。あれあれ?慌てて本店に確認すると、カメラマンは既に出発したところ、ということで。早めに出てくれててよかった。どうも、美容室との連絡がずれてたらしい。

程無くカメラマン到着。無事七五三撮影できたのでした。私は作業しているわけにも行かないので、助手っぽく振舞っていました(笑)。しかし子供の撮影は可愛いですなー。

撮影終わったあとは、一人でしこしこと作業続行しておりました。

F1010013
晩御飯は、鶏団子味噌鍋。味噌味の汁に、豚肉、鶏団子、厚揚げ、野菜いろいろ。

鶏団子は、おからを3割ほど入れてます。鶏団子は、なんかしらの増量材を入れてやらないと歯ごたえがギシギシして固くなりますが(焼くときはいいけどね)、その増量材を何にするかでバリエーションがでます。

よく使われるのが長芋や山芋。他にもパン粉や今回のおから、ご飯という手もあります。山芋系だとなめらか、パン粉やおからは汁を吸いますし、ご飯だともっちりした感じになります。

その他、じゃがいもすったのでもいいし、人参でもいいし、すり下ろさずにみじん切りでもいいし(火はちょっと通しておく)、大根おろしという手もあるし、色々考えられます。試してみると面白いですよ。

F1010012
締めはやはりうどんですな。いつもの激安乾麺です。なんせ保存性がいいもんで。

2011年11月 5日 (土)

ジャズをやるきっかけ 鶏の炊き込みご飯

ジャズをある程度ちゃんとやろうとしてから既に4年ほど経過してしまい、さすがに「初心者で~」とは言い逃れ出来なくなってしまったのですが、しかし実情はまだまだ理解していないことも多々あったりなんかします。

実際ジャズの曲を初めてやったのは、10年ほど前、秋の赤煉瓦フェスティバルの第一回に出演するGEBOさんから「サイドギター役で入って」と言われたのがきっかけだったのでした。酒バラとかだったです。ベースは熊さんが弾いてまして。

私はどーしていいか分からず、とりあえずコードのルート以外で2~3声のボイシングをしてました。もちろんいつものベースでですよ。

今考えると、私をジャズ界に引き込むための罠だったのかなあ、とか思ったりするんですが(笑)、それから、そのころ毎月やってたセッションに参加 したりはしていましたが、ジャズは到底弾けず、チキンやカンタロープの時だけ出てくる、という役回りでした。なんせ、ジャズのスタンダードとかに興味が持 てなかったんであります。

それから、ちょっとずつスタンダードを弾く機会も出てきたんですが、4ビートのベースライン処理まで頭が回らず、かなりななんちゃってベースを弾いてて、よく進行を見失ったり。都会なら出禁になるレベルかと。

いろいろな曲を弾いてみようと思ったのは、やはりウッドベースが曲がりなりにも触れるようになってからですね。同じ4ビートのラインを弾いても、様になり具合がエレキとはぜんぜん違いますので。

で、そのウッドを触りだしたのが4年ほど前ということで。4年つったら大学のジャズ研とかなら相当な腕前になれたりする期間ですが、まーだまだ先は長い状態です。

で、今回はジャズ理論のことについて書こう…と思ったんですが、前段の自分の話が長くなりすぎたので、また今度にw

晩御飯は、炊き込みご飯。帰宅が遅くなったので、超お急ぎバージョン。

幸い、米は洗ってあったので、帰宅して土鍋に米、昆布、水を入れ火にかける。フライパンも火にかける。人参、牛蒡を切って土鍋に入れる。フライパ ンが熱せられたら、鶏もも肉を、皮を下にして焼く。土鍋が沸騰しかかるので酒、味醂、醤油で味をつけ、しめじや舞茸も入れ、沸騰したら火を弱める。

鳥の皮がしっかり焼けたら裏返し、焼き目がついたら土鍋の中へ。切った隠元も入れる。そのまま炊き、蒸らす。

F1010010
鶏を取り出し、一口大に切って混ぜる。所要時間30分。

土鍋なので、途中で蓋を開けたりができるのであります。なかなかの荒業。鶏は手羽でもいいです。皮はしっかりと焼いて脂を出す方が、すっきりした 味になります。鶏が、どーん!と乗ってるところを見せてから切って混ぜると、なんか豪華そうに見えます。実際の原価は安いですけどね(笑)。

F1010009
ご飯炊いてる合間に、白菜のおひたし、蕪の梅和え、蕪の味噌汁も作りまして。和食でほっこりなのでした。

2011年11月 4日 (金)

ロッキーAでハンバーグ MetelCafe&cuore のせのせピザ

この日は休日だったのですが、この週、祝日が入ったりなんやかやで曜日感覚がおかしくなり、午後から打ち合わせを入れてしまってたのでした。

なので、遠出も出来ないので、昼ごはんはロッキーAにてデミグラスハンバーグ定食。もちろん半額券を持って行きまして。

F1010002
ランチの、しかも半額なので文句は言えませんが、ハンバーグ、もう少し厚みを持って作ったらジューシーになるんだけどなあ。まあその分焼くのに時間がかかっちゃいますけどね。

食べ終わって、Metel Cafeへ。クレープのcuoreさんとのコラボが最後、とうことで、クレープをゲットしに行きました。

昼過ぎなのでお客さんも一杯。ほとんどが女性ですが、なんかおっさんが2人座ってる。

よく見ると、M Channelの参兄さんと白玉くんでした。クレープを待つ間、コーヒーを飲みながら少し話。横にはClover Craftさん、さっきレジでちりんの佳代さんに声かけられ、あとからYouちゃんも来た。…知り合い率高えw。

クレープが出来て、席を立つ時、斜め向かいに座ってた方から「歯大丈夫でしたか?」と声かけられる。あら、あきさんだったんですねー。私はちゃんと顔合わすの初めてだったので、一瞬頭が「?」になりました。すみません。

七条店に向かう。到着し、しばらくして本店から電話。

「お客さん来てますけど」ええええーっ、なんで本店に?打ち合わせのアポ電話が七条店にかかってきたから、てっきり七条店に居ると理解してくれてるものだとばかり。

幸い、こちら方面の人だったので、七条店に戻ってきてもらい、打ち合わせ色々。1時間ほどで終了し、私も帰宅。

クレープを食す。キャラメルアーモンド。ナチュラルな甘さとクレープのなめらかな唇触りが嬉しい。写真を撮ろうかと思いましたが、なんか見苦しくなるので、cuoreさんの写真で。今後は、単独で同じウィズビルに出店予定だそうです。Metelさんは新店舗オープンだし、広がっていきますなー。私も頑張らねば(謎)。

家でうにうにと過ごし、晩御飯。

晩御飯は、簡単ピザにしました。生地をイーストでなくベーキングパウダーでふくらませるものです。雑誌のレシピを見て作りまして。

薄力粉と強力粉、塩、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜて捏ねまして、オリーブオイルを塗ったホットプレートに伸ばします。このまま伸ばすので、普通にピザ生地作るより緩めになってます。ウインナーを縦半分に切り、生地に縁に並べ、巻き込みます。耳ありです。

伸ばしたら焼いていき、軽く焼き目が付いたらひっくり返します。そして、トマトソースを塗って具をトッピング。

玉ねぎ、チーズを乗せ、その上からエリア分けして色々乗せました。魚介エリア、野菜エリア、コーンエリア、ツナエリア、ベーコンエリア。

上からチーズを乗せ、蓋をして焼きます。チーズが溶けてきた所で、カセットボンベのバーナーで焦げ目をつけまして。

F1010001
よし出来たー!

…どうやって切ろう(笑)。ピザカッター見当たらないし、あってもホットプレートの上では使えない。これ取り出すのも面倒だ。

というわけで、ターナーで持ち上げて、キッチンバサミで切りました。

んで食べる。ちょっと生地の厚い所があり、自分の好みで強力粉を混ぜたので、ちょっと歯ごたえのある食感になりました。イースト発酵の風味はないですが、気軽に作るピザとしてはよいかと。

2011年11月 3日 (木)

八島商店街グルメフェスタスタート前 ステーキ丼

世間は休日なのでありますが、七条店はオープンなのでありました(日曜は休みだけど祝日は営業)。で、この日はM Channelのラジオステーションがある八島商店街でグルメフェスタなので、開店前にちらっと様子を見に行く。

残念ながらスタートは10時で、その時間私は店をオープンさせないといけないので、食べ物をゲットすることは出来ず。お店は、地元の人達中心のようです。お馴染みのところが出ていました。ステーション前に出店していた上野家さんとかに挨拶。となりのgreen x ball Cafeというのもすごく気になったんだけどなあ。

今回はだるま祭り直前で、しかも出店以外の催しが少ないということで、関係者各位は人出を心配しておりましたが、後で聞いたら結構人出はあったそうで。よかったよかった。

晩ご飯は、ステーキ丼。以前買った牛バラを大事に冷凍していたのですが、この日は時間がなかったので、引っ張り出して解凍しまして。

フライパンを火にかけ、肉の脂身を切って入れ、ニンニク薄切りも入れて、ニンニクが焦げないよう炒め、ニンニクを取り出して肉を焼きまして。フラ イパンに並べて塩胡椒し、両面を焼いた所で酒、醤油、味醂を入れまして火を止め、丼ご飯の上へ、どばっと。んでニンニクを乗せまして。

F1010004
肉うまい。めったに食わんから旨さもひとしおだ。どうして脂とニンニクはこうも合いますかねえ。あとあらびき黒こしょうと。

味噌汁は、豆腐と若布であっさりと。

2011年11月 2日 (水)

レジ締め 鶏のサラダ

七条店勤務になって、一人で店にいるわけなんですが、お店なので閉店したら1日の精算をしないといけないわけです。

以前も西駅前店に居る時にやっていたのですが、なんせ久しぶり。レジ締めして、売上計算して…。

うーむ、売上件数は大したことないのに、なんでこんなに合わないんだ?

一日の出来事を思い出しつつ、伝票を再計算。

実は私、結構いらちでおっちょこちょいな面があるので、こういう作業には向いてないんですね。思い込みで同じ間違いを何度もしてたり、間違いに気づかなかったり。

なので、最初は30分以上かかってました。ひー、時間の無駄だ。

で、最近やっと慣れてきて、集計用紙も無駄にならずに済むようになりました。まあたまには違う脳領域を使うのもいいですな。なんか最近、暗算が弱くなってきた気がするし…。

F1010005
晩御飯は、鶏のサラダに長芋の炒め物、市販の餃子。

鶏は、以前手羽をサッパリ煮にしていたもの。ほぐして野菜の上に乗せまして。

長芋はごま油で炒め、醤油を振って、もみ海苔をかけまして。

2011年11月 1日 (火)

新しいモニタ 秋刀魚のピビンバ

うわもう11月に入って日記が半月遅れとか信じらんない~。といっても書いてるのは自分なので信じるほかないのでありますが、このままずるずる遅れててもいかんので、ちょっと急ぎます。

この日は作業場に新しいモニタが来まして。アップルのでもない普通の液晶ですが(一応IPSにはしてもらいました)、セットアップすると結構綺麗に映る。ホッと一安心。

で、昨日、使っていたモニタが持ち出しのため持ち去られる前に、どうせ新しいモニタが来るまで半日仕事できないから、と、パソコンには巨大動画のエンコーディングをしてもらうことにしまして、そのように操作していたのでした。

で、新しいモニタをつけて、さーて出来上がったかな、と見てみたら、エラーで止まってる…。

しかも、仕掛けて割とすぐ止まっていました。なんでー!と思ったのですが、よく考えたら、モニタを外す時、外部HDDのeS-ATAケーブルに触ってしまい、それが緩んでいたのでした。

このロック機構のないeS-ATAケーブルにはこれまでも悩まされてますが、またかい!今度からテープでぐるぐる巻きにしてやる!

晩御飯は、秋刀魚のピビンパ。雑誌に載ってたメニューです。

秋刀魚は三枚に下ろしてフライパンで焼きまして、仕上げに焼肉のタレを絡ませます。もやし、人参、ほうれん草などは、茹でて下味をつけてナムルにしておきます。

F1010007
ホットプレートを温め胡麻油を敷き、ご飯を乗せ、ナムル、キムチ、秋刀魚を乗せます。

F1010006
ご飯が焼けてきたら、焼肉のタレ、コチュジャンをかけ、一気に混ぜ繰り回して食べます。

青魚が苦手な人でも食べられますが。秋刀魚好きな人は「塩焼きのほうが…」と思われるでしょうが、秋刀魚が安かった時にやってみるのも、目先が変わって面白いかと。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック